HOME >>体験日記 >> 何より「今」が大切だから

体験日記

何より「今」が大切だから

ローンとひとくちに言っても、数十万単位のショッピングから数百万、もっといけば数千万のローンもありますよね。
わたしはこれまで、独身時代にせいぜい数十万のローンしか体験がないですが、その時でさえ、手続きをする瞬間はドキドキしたものです。あとから思えば、よくそんな度胸があったなぁ、と。
その瞬間は、どうしても欲しくてたまらなかったからでしょうね。
でも数百万や数千万といった買い物だと、どうしても欲しいからという理由で簡単にローンは組めないですよね。例えローンが通ったとしても、そこから始まる長い長い返済の道。
それを思うと、今のわたしはローンはあまり好みません。
ですが、好む好まないに関わらず、ローンを利用しなければ仕方ない場面も、人生には一度くらいあるかも知れません。例えばマイホーム。
実際に我が家も、今のマンションを売って戸建てを買おうかと考えたこともあります。
でも現実的なことに目を向けると、その先に続く”肩の荷”が邪魔をして、話を進めることができませんでした。月々の返済額に加え、ボーナス時の加算額。数字の上では計算が立っても、それはあくまで予定であって確約できるものではないですよね。先々どんな事があるやも知れません。お金は羽が生えた生き物。自分勝手に突然飛んで行ってしまうことだってあります。当てにできるのは、今その瞬間に目の前にあるモノだけだと思うんです。
だから我が家は、基本的にローンは組まない主義です。いま現金で買えないものは、いまは買わない。ちょっと辛抱して手が届きそうな時になって、やっと現実的に試算をして動き始める。
ローンを組み入れるとしても、月々の返済額は最小限にして生活にしわ寄せがくるような無理な計画は立てない。それがモットーです。
何よりも、「今」が一番大切だと思うからです。将来何が起きるかもしれない日々に向かって肩の荷をしょったまま暮らしたくはないから。

  • info

Copyright 2010 賢いローンの付き合い方〜体験者から学ぼう All Rights Reserved.

Sitemap